ウーマン

費用の低下などによって身近なものへ|美容整形の種類について

手術やサーマクールで対応

ドクター

眼窩脂肪が一因に

目の下のたるみの原因は大きく分けて二つあります。一つ目は目の下の皮膚そのものが次第にたるんでくるというものです。これは多くの場合加齢によって起こります。目の下の皮膚は全身の皮膚の中でもとりわけ薄くデリケートなものなので、長い年月にわたって筋肉が酷使された結果皮膚にたるみが生じてしまうのです。二つ目の原因は脂肪が溜まることによって目の下のたるみができるというものです。この脂肪は眼窩脂肪と呼ばれているもので、老化などの原因によって目の下の筋肉が衰えてくると内部の眼科脂肪をしっかりと支えることが難しくなるために脂肪が前にせり出したようになってしまうのです。こうした眼窩脂肪が原因となって目の下のたるみが目立ってきた場合には、仙台の美容整形クリニックで目の下の皮膚を切開する治療を受け眼窩脂肪のうちの余った部分を取り除く必要が出てきます。切開するといっても目の下のまつげのすぐそばからメスを入れるため傷跡は時間が経つにつれて目立たなくなっていきます。ただ、仙台の美容整形クリニックで目の下の皮膚を切開して余分な眼窩脂肪を取り除く治療を受けても、状況によっては目の下のたるみを取るためにさらなる美容整形手術が必要となる場合もあります。人によっては眼窩脂肪を取り除いた後の皮膚がすっかりたるんでしまっていることがあるためです。

目元専用のサーマクール

目の下のたるみの部分から余った眼窩脂肪を取り除いても皮膚にたるみが見られるときは、もうひとつステップを重ねてそのたるみを修正する治療が必要になります。長い間眼窩脂肪によるふくらみを支えてきたためにたるんだ皮膚は、元の状態と比べるとかなり伸びてしまっていることが多いからです。仙台の美容整形クリニックでは、これを修正するために余った皮膚を切り取ってその後がきれいなラインになるように自然な形で縫合するという治療を行います。これは仙台のどこのクリニックでも広く行われている治療法ですが、医師がきちんとしたテクニックを持っていないと目の下まぶたの裏側の赤い部分が見えてしまうことがあるので信用できるクリニックを選ぶことが肝心です。以上に述べてきたのは目の下のたるみを切開によって改善するという治療法ですが、最近では仙台でもメスを入れることなく治療できるクリニックが出てきています。顔のたるみを治療するのにサーマクールという治療機器がよく用いられますが、目の下のたるみを治療するための目元専用のサーマクールというものがあるのです。目元は大変デリケートな部分であるため通常のサーマクールをそのまま照射するというわけにはいきません。そこで目元専用に開発されたチップを用いて治療を行います。サーマクールは皮膚の深い部分の組織に作用して引きしめる効果を持っているため、切開手術のようなダウンタイムを心配することなく目の下のたるみを治療できます。