ウーマン

費用の低下などによって身近なものへ|美容整形の種類について

ヒアルロン酸注入で改善

婦人

ボトックスとの比較

仙台にはほうれい線の治療を実施している美容整形クリニックが多数存在しています。そうした中で特に多くの美容整形クリニックが行っているほうれい線治療は、ヒアルロン酸を注入するという方法です。ヒアルロン酸注入は簡単なように見えて実はドクターの技術が非常に重視される施術法だといわれています。仙台にはヒアルロン酸注入の施術例を多くこなしてきたドクターが開設している美容整形クリニックが沢山あります。まずはインターネットなどでそうしたクリニックについて下調べを行ってから、予約を取ってカウンセリングを受けてみるとよいでしょう。顔のしわやたるみを治療するには、ヒアルロン酸注入のほかボトックス注入などの方法もあります。仙台の美容整形クリニックでもボトックス注入はポピュラーな治療法のひとつです。しかしボトックスが最も得意とするのは眉間や目尻、額などにできる表情じわと呼ばれるしわです。それに対してほうれい線はおもに加齢によって生じ、表情を変えても変えなくてもつねに存在する深いしわです。そのため表情筋が得意なボトックス注入よりも、肌そのものの質感をふっくらとさせるヒアルロン酸注入の方がほうれい線の治療にはより適していると考えられています。

症例写真を参考に

ほうれい線が目立つようになってきたことを悩んでいる女性の年齢層はおおむね40代以上であるといわれています。といってももちろん30代であってもほうれい線が気になるという女性もいるでしょう。ただほうれい線は年齢が高くなるにつれ深さを増していく傾向があるので、ヒアルロン酸注入を行う場合にはそれぞれの患者のほうれい線の深さや長さなどに合わせた微妙な調整を行うことが必要となります。ヒアルロン酸はいちどきに多量を注入すると不自然なふくらみができたり後でしこりになって残ったりすることがあります。そのため、注射だけでできる簡単そうな施術であっても実際にはドクターの確かな腕が必要とされる施術法なのです。したがって美容整形クリニックでほうれい線の治療を受ける際は、症例写真などを公開しているクリニックを探してみるのもよいクリニックを見つけるために効果的なひとつの方法です。ヒアルロン酸注入を行う前と行った後の写真を並べて掲載してあれば、そのクリニックのヒアルロン酸注入によるほうれい線の治療効果が一目瞭然だからです。同じ仙台であっても仕上がりがより自然に見える美容整形クリニックを探してヒアルロン酸注入の施術を依頼すれば、より満足のいく結果を得やすくなるでしょう。